世界でもっとも危険な動物トップ10

世界でもっとも危険な動物トップ10が発表されていたので訳してみたよ。
割りとフツーのランキングになっちゃってるけど、まあ気にしないでおこう。

 


1-インランド・タイパン(オーストラリア)

20140222animal1

インランド・タイパンはシャイなタイプの毒蛇だから自分からは攻撃しないけど
彼らを刺激してしまうと、一度噛まれただけであっという間に死に至ってしまうんだ。

 

2- ハコクラゲ(インド洋/大西洋/東太平洋)

20140222animal2

ハコクラゲは面白い形をしてるけど、絶対に近づいてはいけない動物だ。
彼らの刺に刺されると最悪の場合死んでしまう。

 

3- ピラニア(南米)

20140222animal3

ピラニアは南米固有の魚だ。
他の危険な動物と違って毒は持っていないけど、彼らの牙は人間の肉をあっという間に噛み切ることができてしまう。
彼らはジョーズみたいにおっきいわけじゃないけど、かなりのスピードで迫ってくる。
ただ嬉しい事に実際にピラニアに殺されてしまった人というのはそこまで多く報告されてるわけじゃないみたいだ。

 

4- ライオン(アフリカ)

20140222animal4

ライオンは危険な動物リストでいつも上位に入ってくる常連さんだ。

 

5- カバ(サハラ砂漠以南のアフリカ)

20140222animal5

カバはこの強い顎のお陰でランキング入りだ。
彼らに一噛みされた途端、人間の骨なんて簡単に砕けてしまう。
けど彼らは水辺から離れることは殆ど無いから、襲われる心配はそれほどないみたいだ。

 

6- ホオジロザメ(ほとんどの場合南アフリカ)

20140222animal6

ホオジロザメは海面下の恐ろしい捕食者だ。
いつも肉を求めてお腹をすかせている。
シュノーケリング中やボートに乗っている時にホオジロザメに手足をもがれたり、
最悪の場合殺されたりするケースは多数報告されている。
ライオンが「ジャングルの王」だとしたら、ホオジロザメは「海の王」だろうね。
血の匂いにすごい敏感で、専門家によるサポートがない限り彼らに近づくべきじゃない。
実際の所、専門家ですらこの海のモンスターに食べられちゃってるからね。

 

7- イリエワニ(オーストラリア北部/東南アジア/東インド洋)

20140222animal7

イリエワニはとても好戦的な捕食者だ。
彼らのテリトリーに入ってしまったらどんな動物でもかなりまずいことになる。
魚も食べるけど、鳥や小動物といった「肉々しい」肉のが好物みたいだ。
犠牲になるのはサル、トリ、イノシシ、カンガルー、そして人間などだ。

 

8- アフリカ水牛(アフリカ)

20140222animal8

驚くべきほどの攻撃性で彼らは8位にランクインした。
この体格のバッファロー達が君の方に突撃してきたら、かなり危険な状況だろうね。
彼らの硬くて強い角に捕まったら数メーターは投げられてしまうだろうし、彼らはノンストップで攻撃してくる。

 

9- ゾウ(アフリカ/アジア

20140222animal9

地上で一番大きな動物として知られているゾウの体重は、最大10トンにもなる!
彼らに踏まれたらどうなるかを想像してみてほしい。
ということで彼らに襲われた時の脅威の1つは彼らの重さにある。
もう1つの脅威は、ゾウは怒ると街まで出てきて建物や車、トラック、家とかをぶっ壊していくってことだ。
彼らの鼻はとても強くて、でかい車を投げることすらできるんだ。

 

10- ヤドクガエル(南アメリカ)

20140222animal10

ヤドクガエルはとてもカラフルなでチャーミングなカエルだ。
けど彼らにかかれば人間なんて簡単に殺すことができる。
彼らが一度に発する毒で、人間10人を殺すことができるらしい。

 

Top 10 Most Dangerous Animals in the World

関連記事

他サイトの人気記事

Bob

  5Comments

  1. Anonymous   •  

    毒のカエルが10位なんてすごいですね。

  2. Anonymous   •  

    カエル最強っすね

  3. Anonymous   •  

    タイパン強そうですね

    • Anonymous   •  

      そうですね

  4. Anonymous   •  

    やっぱ1位は蛇ですか

Leave a Reply

Your email address will not be published.