驚異的な能力を持つ15の動物たち

世の中には僕ら人間には信じられないような能力を持つ動物が沢山いるみたいだ。

まだまだ知られていない能力を持つ動物はたくさんいるんだろうけど、

今わかってる中ですごい能力を持つ動物たちを紹介してみたいと思う。

15 強力な筋力を持つ、アナコンダ

オオアナコンダはアミメニシキヘビと並び世界で一番大きい蛇だ。

最大の個体の体長は9メーター、体重は100キロを超える。

こいつらはイノシシやシカ、カメなどを噛み付いて捉え、

恐るべき量の筋肉で獲物の肺を締めあげ窒息死させる。

superpoer-animals1

 

14 水を飲まずに生きていける、カンガルーネズミ

砂漠での生活を想像してみてほしい。

そしてその生活で4年間水を飲めなくなったらどうなる?

人間にはそんな生活はできないが、

このカンガルーネズミ(カンガルーラット)なら耐えることができる。

人間は水なしでは数日しか生きれないが、カンガルーネズミは何年も水なしで生きることができるんだ。

このカンガルーのように跳ねまわるネズミは餌に含まれる水分だけで生き延びている。

さらに人間の何倍も濃い尿で尿を排出することによって、

より少ない尿で毒素を体外に出すことができるみたいだ。

superpoer-animals2

13 驚異的な寿命をもつ、ガラパゴスゾウガメ

この大きくてチャーミングなガラパゴスゾウガメは170年生きることができる。

世界で一番大きいカメで、体重は300キロにもなる。

もっとおどろくべきことに、彼らは硬い殻の下に脂肪を蓄え、1ヶ月飲まず食わずでも生きれるんだ。

superpoer-animals3

12 驚異的な耳を持つ、フクロウ

ふくろうは数ある動物の中でも抜群の耳を持っている。

彼らは左右の耳の位置が上下に異なることによって音を立体的に感知し、

音がどこから来ているのかを正確に知ることができる。

顔の形もセンサーの役割があり、

小さなネズミが茂みの中を歩いてたとしても彼らにはバレバレなんだ。

superpoer-animals4

 

11 病気にかからない、オオコウモリ

オオコウモリは草食のコウモリで、多くの病気の媒介となるがコウモリ自体は殆ど病気になることはない。

非常にずる賢いために”空飛ぶキツネ”と呼ばれることもある。

アジアやオーストラリアに生息する。

superpoer-animals5.2

 

10 美しい角を持つ、イッカク

一番クールなスーパーヒーローはイッカクだろう。

この海のユニコーンから伸びているものは角のように見えるが、実は牙なんだ。

superpoer-animals6

 

9 他の動物に擬態するタコ、ミミック・オクトパス

ミミックオクトパスはその擬態能力で知られている。

多くの動物は周りの景色と擬態・カモフラージュする事ができるけど、

この動物は他の動物に擬態するんだ。

このタコは他の動物達が毒などによって実を守ることを知っているみたいだね。

 

エイに擬態するミミックオクトパス

superpoer-animals7

 

8 巨大な体のルブロンオオツチグモ

恐ろしい外見ってのは驚異的な能力ってわけじゃないかもしれない。

けど成人男性の手のひらよりも大きいクモがいきなり目の前に現れたらビビるよね?

このルブロンオオツチグモは熱帯雨林の住人で、

バードイーター(鳥を喰うモノ)と言われている。

けど実際には鳥を食べることは少ないみたいだ。

superpoer-animals8

 

7 主食は霊長類、オウギワシ

オウギワシは驚異的な身体的な能力に加えて、世界で一番大きな猛禽類の一つでもある。

餌はサルやナマケモノ。

このデカい鳥が君のことを捕食するためにフリーフォールしてくるって想像してみてほしい。

まあ熱帯雨林に住んでおらず、美味しいそうに見えない限りは安全だけどね。

一説によると握力が140kgがあるらしい。

happy eagle

 

6 水面を華麗に走る、バジリスク

このトカゲは外に広がる形のつま先によって本当に水面を走ることができる。

重力に負ける前に1秒に10回程度足を動かすことによって

秒速1.5メーターで4メーター程度まで水面を走れるんだ。

バジリスク

 

5 潜水の名人、マッコウクジラ

マッコウクジラ、この巨大なクジラは私やあなたと同じように肺呼吸をしている。

けどこの生き物は水深3kmまで、実に90分もの間潜水することができる。

人間は1分も息を止めたらふらふらになっちゃうよね。

マッコウクジラの体は海の深い所まで潜れるように最適化されてるんだ。

でも肺が体の大部分を占めているかって言われたらNoで、

実はクジラは海面に現れて呼吸を行うときに

人間とは比べ物にならないくらい効率的に二酸化炭素を排出し、

酸素を貯めておくことによって長時間の潜水を可能にしているんだ。

superpoer-animals11

 

4 デンキウナギ

この淡水魚は600ボルトもの電気を放出し、

彼らの回りにいる魚を簡単に殺すことができる。

人間がデンキウナギの電気そのもので死ぬということはないが、

心臓麻痺の原因になる可能性はあるのでもし南アメリカに捕りに行くときは注意しよう。

superpoer-animals12

3 不老不死の生物、ベニクラゲ

この生物は捕食されない限り死ぬことはない。

なぜなら彼らは様々なストレスがかかると自分の細胞を再構築し、ポリプに戻るのだ。

人間で言えば君がオフィスで毎日ストレスの溜まる日々を過ごしていて、

ある日突然爆発、次の瞬間には赤ん坊になっている感じだ。

科学が進歩すれば彼らの秘密を解明し、僕らもその恩恵を受ける事ができるかもしれない。

superpoer-animals13

 

2 世界一のパンチ力、モンハナシャコ

一番強い種はどの種かと考えた時に、エビをリストに上げる人はいないだろう。

けどこの甲殻類は獲物を時速80キロのスピードでパンチする。

モンハナシャコは本当に強い。水槽のガラスくらいなら簡単に壊せてしまうんだ。

ちなみにパンチのスピードは地球上のあらゆる生物の中で一番早い。

superpoer-animals14

 

1ホシバナモグラ

このモグラの一番の特徴は、もちろんこの奇妙な星形の鼻だ。

彼らは代謝が活発なので貪欲に獲物を求めているが、

この鼻のお陰で餓えることはないらしい。

superpoer-animals15

 

Real Animals With Real Superpowers

関連記事

他サイトの人気記事

Bob

  7Comments

  1. Anonymous   •  

    ちなみに筋力としてはゴリラとチンパンジーがけた外れです。ゴリラは温厚な性格なので安心してください。チンパンジーは、とにかく一言。「遭遇したら葬儀の準備を」以上!

  2. Anonymous   •  

    ゴリラは握力400~500Kg。チンパンジーは200~300kg。リンゴの場合、ペシャンコと言うか、粉々です。チンパンジーが車の窓ガラスを割って、引きずり出して生きたまま、食い殺したとゆう事例があります。

  3. Anonymous   •  

    でも石を投げることができず殺し合いの能力という意味では拳大の石を投げ命中させることのできる人間のほうが高いのです

  4. Anonymous   •  

    eroero

  5. Anonymous   •  

    役に立ちました

  6. Anonymous   •  

    実際にしゃこは水を沸騰させることができるらしいです「水圧で」。

  7. Anonymous   •  

    アナコンダが9mサイズでたったの100㎏?笑

Leave a Reply

Your email address will not be published.