もっと歩こう!上海でのCO2削減の広告がクリエイティブ

中国の主要都市の横断歩道に緑の木が人の足で描かれる広告が突如現れた。
中国環境保全団体(CEPE)と中国のクリエイティブエイジェンシーDDBのJody Xiongさんの合作で、
自動車に乗るより歩くことで環境を守ることを示すキャンペーンを行なった。
歩くことで緑の木が描かれ、自分の一歩が環境保護につながることをクリエイティブに宣伝した。

 

中国商務部によると、中国は世界最大の自動車市場をもつ。
中国環境保全部は市民の環境保全の意識を高めるため、ユニークな広告を横断歩道にはりつけた。
人々がよく利用される横断歩道に12.6m×7mの葉のない木が描かれた白いキャンパスが広げられた。
緑の環境に優しい速乾性ペンキを含ませたスポンジを歩道の端においた。

green-tree-pedestrian-crossing green-tree-pedestrian-crossing2 green-tree-pedestrian-crossing3

歩道を渡る度に、葉っぱのような緑の足跡が白いキャンバスに残り、
自分の一歩が環境を守ることにつながることを改めて実感させた。

green-tree-pedestrian-crossing4 green-tree-pedestrian-crossing5

緑の木の横断歩道は、まず上海の7つの主要道路におかれ、
いずれは中国の15の主要都市、合計132つの横断歩道にしかれたそうだ。
キャンペーン後の完成された作品は、上海の Zheng Da Art美術館に飾られた。

green-tree-pedestrian-crossing6

 

source

 

関連記事

他サイトの人気記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.