神秘的?ちょっと怖い? 頭が透明な深海魚デメニギス

「深海魚」という単語を聞くと、何を思いますか?
グロテスクだったり、頭にランプがついてたり、あごが凄く突き出ていたり、
とにかく深海に暮らす魚は未知の領域です。
今回紹介する深海魚は、頭部が透明で中が丸見えなデメニギス(Pacific Barreleye fish)です。

 

深海魚デメニギス(学名 Macropinna microstoma)の特徴はなんといっても頭部および眼球です。
頭部は透明なドーム状の膜で覆われていて内部は液体で満たされているそうです。
丸い緑の筒型のものが眼球で、口の上にあるショボショボした二つの穴が鼻だそうです。
上から差し込む僅かな光で出来る獲物の陰をとらえて補食するために、
通常は眼球は上を向いているそうです。

trasperent head fish ????????????????????

1939年からこの15cm程の深海魚の存在は知られていましたが、
大概体の一部が網に引っかかって地上まで浮かび上がってきたものが多く、
生きている写真や動画を撮影したのはここ10年程です。
写真は2004年にアメリカ・カルフォルニア州の
Monterrey Bay Aquarium Research Institute (MBARI)によって撮影されました。

???????????????????? trasperent head fish

グロテスクか神秘的かの判断はおまかせしますが、深海にはまだまだ未知な領域がありますね。

source

 

関連記事

他サイトの人気記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.