カザフスタンのハズレット・スルタン・モスクが芸術的

カザフスタンの首都アスタナは1997年に中国から近すぎるという理由で南部のアルマトイから遷都され、
カザフの資源マネーのおかげで現在物凄い勢いで建築ラッシュが進んでいる都市だ。
都市計画には日本人の著名な建築家、黒川紀章が関わっており、
夏は40度、冬はマイナス40度という過酷な環境を克服するための巨大なテント、カーン・シャティールなどのユニークな建築が多いことでも知られている。

Continue reading…

Bob