チベット東部 仏僧だけが住む街ラルンガル

チベット東部のカム地方に存在するラルン・ガルはチベットの仏僧・尼が1万人以上生活している宗教都市だ。
中心に位置するラルンガル・ゴンパは外国人立入禁止になっている。
ラルンガルはチベット仏教の研究場所としてはチベットで一番大きい場所であり、
仏教徒の哲学、論理学、芸術と工芸、医学、古典に基づく完璧な教育を受けることができる。
現在は5000人の僧、2000人の尼が教育を受けている。

larung-gar10 larung-gar9 larung-gar8 larung-gar7 larung-gar6 larung-gar5 larung-gar4 larung-gar3 larung-gar2 larung-gar1

 

 

関連記事

他サイトの人気記事

Bob

Leave a Reply

Your email address will not be published.