保存食がいっぱい!11ヶ国の陸軍の携帯食をあつめてみた

戦場で動く軍隊では、抑制すべき相手より恐ろしいものがあります:生焼けの卵です。
基地では生焼けの卵を食べて体調を崩す兵士を防ぐためにも、
半熟目玉焼きではなく、両面焼きの目玉焼きを賄うそうです。
陸軍の一つの問題は、設備の整ってない基地でいかに健康的で、美味しい食事を作ることです。
世界中の軍部は、食事レーションのために多大な予算を注ぎ込んでいます。
今回、イギリス紙ガーディアンが世界11ヶ国の陸軍の携帯食を集め、食べ比べをしたそうです。

 

1. イタリア軍

アルコール度数40%のコルディアール、パウダーのカプチーノ、大量のビスコッティ、食事を温めるための使い捨てキャンピング用ストーブ、パスタと豆のスープ、ターキー缶、ライスサラダ、デザート用にスポーツバー、フルーツサラダ缶かチョコレートミューズリーバー

army-ration-world1

この食事レーションは、フルコースそろっていますね。

 

2. フランス軍

鹿のパテ、カスレーと鴨のコンフィ、クレオールスタイルのポークとチョコレートクリームプディング、使い捨てストーブ、コーヒーなどの味付きドリンクを作れる粉末、朝食用ミューズリー、Dupont d’Isignyのキャラメル

army-ration-world2

食事が合理的かつ洗練されていますね。

 

3. ドイツ軍

グレープフルーツやトロピカルジュースの粉末小袋、イタリアのビスコッティ、レバーソーセージパテ、ライ麦パン、グーラッシュとポテト、朝食用にスミノミザクラとアプリコットのジャム

army-ration-world3

 

4. イギリス軍

チキンティッカマサラ、ベジタリアンパスタ、朝食用のポークビーンズ、トレールミックスやフルーツポケットなどのお菓子、KencoのコーヒーやTyphooのお茶などの飲み物、タバスコなどの調味料

army-ration-world4

お国柄が強くでていて、飲み物や紅茶のレーションが多いですね。
アフターヌーンティーが出来ますね。

 

5. オーストラリア国防軍

ベジマイト、ジャムサンドのビスケット、練乳チューブ、Fonterraのチェダーチーズ、ミートボール、チリ・ツナパスタ、お菓子とソフトドリンクが多数、チョコレート

army-ration-world5

どの軍より一番お菓子がそろっています。
お菓子がいっぱいあると気分もあがりますね。

 

6. スペイン軍

グリーンピースとハムの缶、オイル漬けのイカ、パテ、粉末野菜スープ、デザート用にシロップ漬けの桃とクラッカー、パン、使い捨てストーブとマッチ、ビタミンCやブドウ糖、簡易浄水や水分補給用のタブレット

Spanish ration pack

唯一ビタミン剤が支給されているスペイン軍、体調管理に力をいれている感じがしますね。

 

7. アメリカ軍

アーモンドとポピーシードのパウンドケーキ、クランベリー、アップルサイダー、ピーナッツバタークラッカー、スパイシートマトソースと野菜のパスタ

army-ration-world11

アメリカ軍は火を使わないで温められる技術を使っています。
パウチに水を入れれば、食べ物が温められ、温かい食事がとれます。
技術にも力をいれているアメリカらしいです。

 

8. カナダ軍

タスカンソースがけのサーモンフィレかベジタリアン・クスクスのいずれか、朝食用のピーナッツバターとラズベリージャムのサンドイッチ、

Military food rations. London By David Levene  21/10/13

有名なBear Pawsのお菓子が入っていますが、肝心なメープルシロップが入っていません!

 

9. ノルウェー軍

アールグレイの紅茶、豆とベーコンのトマトソースがけ、オーツ麦のビスケット、Rowntree’s Tooty Frooties

army-ration-world8

火を使わずに食事を温められるアメリカ軍の技術は使われていますが、
食事の味やセレクションはイギリス軍に似ています。

 

10. エストニア国防軍

ピーマンの肉詰め、チキンのパテ、スモークニシン、レバーソーセージとポテト、クリスプ・ブレッド、デザート用にハルバとバニラ、朝食用にミューズリー、フルーツポケットとはちみつ

Military food rations.LondonBy David Levene 21/10/13

 

11. シンガポールの軍

四川風チキンヌードル、マッシュルームとバジルの鶏肉入りライス、小豆と豆乳のデザート。

Singapore ration pack

食事のクオリティと反比例して量は少ないです。

 

一番人気は質も量も申し分ないイタリア軍の食事レーションでした。
希望する人はイタリアの安価なブランデー、グラッパを一振りほどもらえます。
次に人気は、赤ワインもレーションに含んでいた時期もあったフランス軍のです。
食べるのに気乗りしないのはドイツ軍のでしたが、
ソーセージレバーパテとライ麦パンがあったのでなんとかなったそうです。

 

軍の携帯食を食べ比べてみた人達の印象的なコメントです:

「(自分が)食べなくてすんでいるのが一番いい」

「火星にいく時の気持ちが分かる」

「(フランス軍の食事が)美味しいけど戦時中には非現実的」

 

どの国の軍の食事を食べてみたいですか?
全部一通り食べ比べてみたいですね。

 

関連記事

他サイトの人気記事

  2Comments

  1. Anonymous   •  

    自分なら、イタリア軍、自衛隊、フランス軍、ドイツ軍のレーションを食べたいですね。

  2. Anonymous   •  

    オーストラリア軍は遠足にでも行くんですかね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.